• 教授ご挨拶
  • 活動の目的
  • 活動の内容
  • 研究開発部門 構成員
  • 活動実績
  • 成果物
  • 業績
  • お知らせ
  • プレスリリース
  • 会員専用ページ
  • リンク
  • お問い合せ
プロジェクトENGINE 事務局について

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-2
最先端医療イノベーション
センター棟0912
TEL:06-6210-8420
FAX:06-6210-8424

TOP > 活動の目的

活動の目的

外科系技術と内科系技術の統合による、
安全、高機能な次世代内視鏡治療関連医療機器の研究開発

新規術式、治療法(アプリケーション)の共同研究開発

「プロジェクトENGINE」とは、国内企業と連携して、硬性機器を中心とする外科系技術(腹腔鏡)と、軟性機器を中心とする内科系技術(消化器内視鏡)の発展的な統合を通じて、より安全で高機能、低侵襲な内視鏡治療機器、ならびに新規治療法の共同開発をめざす産学連携コンソーシアムである。
プロジェクトENGINEの概念図

高性能の手術器具が豊富に揃っており応用範囲は広いが、体表にキズがつくため侵襲が大きく、カメラ、器具ともに硬いため体腔深部や管腔内には到達しにくい。

体表をキズつけず深部へ到達できるので低侵襲だが、カメラ、器具ともに柔らかいため不安定で性能が低く、種類も乏しいため応用範囲が狭く、標準化しにくい。

内科系と外科系の統合:臓器の壁を超えた治療

臓器の内側と外側を自在に行き来しながら、体表をまったくキズつけずに最小限の侵襲で多様な治療を行うことができる次世代の手術法。