• 教授ご挨拶
  • 活動の目的
  • 活動の内容
  • 研究開発部門 構成員
  • 活動実績
  • 成果物
  • 業績
  • お知らせ
  • プレスリリース
  • 会員専用ページ
  • リンク
  • お問い合せ
  • ダウンロード
プロジェクトENGINE 事務局について

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-2
最先端医療イノベーション
センター棟0912
TEL:06-6210-8420
FAX:06-6210-8424

トピックス
2018-09-06

日本医療研究開発機構(AMED)「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」実習第Ⅰクール第Ⅱクールが終了しました。参加者のみなさまの熱心な実習態度やアンケートの内容に、運営側である我々も意義のある活動であることを改めて実感しました。様々な視点で医療機器の開発が進められる良い機会になったことと思います。参加者のみなさま、お疲れさまでした。また、ご協力いただきました病院関係者のみなさま、有難うございました。

2018-08-20

2018年9月20日(木)午後14時から、大阪大学にて、ふくしま医療機器産業推進機構による医療機器開発促進セミナーが開催されます。医療機器開発における死の谷とGLP試験の重要性をテーマとしており、「ふくしま医療機器開発支援センター」の利活用及び連携によって期待される医療機器開発の促進についてデイスカッションを行います。多くの研究開発・製品開発に携わる医療従事者、医療機器関連企業、医療機器分野への参入を検討中の企業の方々のご参加をお待ちしております。

2018-07-21

「ものづくり工房」DRIVE(Design and Research Initiatives for Virtual Engineering)の初心者ワークショップの日程が決まりました。実際に 3Dスキャニングからプリンティングまで体験いただける機会ですので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。
 

2018-07-21

7月20日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の補助事業「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の「初級セミナー」を開催いたしました。全国11の拠点で医療機器開発を担う企業人材を育成するための基盤を整備しようという意欲的なプロジェクトで、弊学は弊科中島が進捗管理責任者を務めております。今年もさまざまな企業から多くの方に参加いただき、たいへん盛会でした。参加いただいた方々、講師の先生方、ありがとうございました。
 

2018-06-15

弊科と山科精器株式会社が共同開発を進めてまいりました 高周波処置具「エンドセイバー」が平成30年6月1日より発売となりました。滋賀県中小企業新技術開発プロジェクト チャレンジステージの成果のひとつです。 詳細はパンフレットをご覧くださいませ。
 

2018-06-15

国立研究開発法人日本医療研究開発機構補助事業の一環として、取り組んで参りました「ものづくり工房」DRIVE(Design and Research Initiatives for Virtual Engineering)がついに完成いたしました。
3Dスキャナー、3Dプリンター、ワークステーション、グラフィックソフト等を備えており、医療機器開発・試作に欠かせないバーチャル・エンジニアリング、特にラピッド・プロトタイピングの手法を開発人材の方々に学んでもらうためのシステムです。
人材育成事業「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」にこれまで参加いただいた方、あるいは今年度プログラムに参加いただく予定の企業様に、3D機器を無料でハンズオン体験いただくことを目的としております。今後はワークショップ形式の初心者向け講習会も開催していく予定です。
アイデアをその場でカタチにし、試作や開発につなげていこうという新たな試みです。是非ご体感ください。

2018-06-04

International congress of the European Association for Endoscopic surgery 2018(EAES)のGerhard Buess Technology Award Sessionにて、当科の牛丸裕貴先生が発表し表彰されました。
牛丸先生おめでとうございます。

2018-05-25

【確定版】「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の最初のイベントとなる7月20日開催『初級セミナー』のプログラムが確定いたしました。お申し込みの締切は6月30日です。
皆様のお申し込みをお待ちしております。
(申込はこちら)https://goo.gl/forms/pJG9zclNSTNe2Dtk1

2018-05-07

Project HEARTのメンバーでもあるキャステム様のイノベーティブスペース「京都L.I.Q」を見学させていただきました。
「京都L.I.Q」は京都西院に2018年3月26日にオープンした、CTスキャン、3Dプリンタや鋳造機、作業ツールを備えたものづくり工房です。
学生やデザイナーなどにスペースを開放することで、付加価値の高い製品の企画開発を進めたり、京都の伝統とデジタル技術を活かしたものづくりに挑戦されるということです。
スタッフ一同興味津々。とても素晴らしい施設で、感動の連続でした。
ご案内いただいたキャステムの皆様、本当にありがとうございました。

2018-05-01

平成30年度 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 国産医療機器創出促進基盤整備等事業の
お申し込みを受付いたしております。
お申込みご希望の方は、project_engine@me.comまで。
詳しくはこちらのリンクからご覧ください。
http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/subsidy/files/amed_01.pdf

2018-04-03

弊科では、平成30年度 国産医療機器創出促進基盤整備等事業の予算において、「ものづくり工房」を整備します。最新の3Dプリンターや3Dスキャンシステム等を用いてバーチャルエンジニアリングのスキルを習得していただく実習が可能となります。
詳細は改めてご案内を差し上げます。

2018-04-02

3月31日 ENGINE/HEART恒例のお花見BBQ大会を開催しました。
満開の桜のもと、天候にも恵まれ絶好の花見日和でした。色鮮やかな桜の花々が新年度を迎える皆様の素晴らしい1年をお祝いしてくれているようでした。
ご参加いただいた皆様、お忙しい中有難うございました。遠方等のご事情でお越しいただけなかった皆様、今年度も新しい挑戦を続けて参ります。どうぞよろしくお願い致します。
 

2018-04-02

平成30年度 国産医療機器創出促進基盤整備等事業のスケジュールが決まりました。
詳細については決まり次第、お知らせいたします。
本プログラムの参加料はこれまで通り、無料です。
本年度が本事業の最終年度となりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

プログラムに参加ご希望の方は下記URLよりお申し込みください。
(URL)https://goo.gl/forms/pJG9zclNSTNe2Dtk1

ご不明点等ございましたら、project_engine@me.comまでお問い合わせください。

2018-02-16

2月12日、弊科 中島が、NPO法人 MESDA(Mekong Endo-Surgery Development Association)にご招待いただき、タイ・バンコクのT-TECにて、チュラロンコン大学、タマサート大学、マヒドン大学付属シリラート病院の若手外科医に向けて、講演、腹腔鏡手術のトレーニングを行いました。
メコン地域の若手医師の先生方は新しい技術の習得に非常に意欲的で、貪欲に学ぶ姿勢に感心させられました。医療機器開発の発展を目指す弊科としては、これらタイの有力大学の関係者と連携強化を進め、
アジア地域での活動展開へ繋げていきたいと思っております。

2018-02-15

2月9日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の補助事業「国産医療機器創出促進基盤整備等事業 交流シンポジウム」を開催いたしました。当日は、本事業の参加者の方々による成果発表および医療機器開発をテーマに我が国の未来について実際の技術者の方々によるディスカッション、そして、特別講演では医工連携の重要性をより深く学ぶことができました。また、弊科 中島より今年度の成果を発表させていただくなど、ご参加いただいた皆様にとって有意義な時間を過ごせたのではないかと考えております。
来年度はこれまでの取り組み、着実な成果を踏まえ、より一層充実させたプログラムを実施できるよう、スタッフ一同引き続き努めてまいりたいと思います。

2018-02-06

AMED補助事業「国産医療機器創出促進基盤整備等事業 交流シンポジウム」の開催(@大阪大学中之島センター)がいよいよ今週2/9(金)となりました!若干ですが、お席がまだございます。お申し込みがお済みでない方はぜひお手続きをお願い致します。多くの方のご参加を心よりお待ちしております。
お申し込みはこちらから⇒(URL) https://goo.gl/forms/jdcklxbxwa0eGlmy1
 

2017-12-14

きたる2018年2月9日にAMED補助事業「国産医療機器創出促進基盤整備等事業 交流シンポジウム」を大阪大学中之島センター10階「佐治敬三メモリアルホール」にて開催します。企業人材のために臨床現場を開放し、開発者自らが医療ニーズを把握して医療機器の研究開発を行おうという意欲的取り組みも今年で4年目。シンポジウムでは今年の成果を振り返り、第二部では第二部ではこれからの「ものづくり」や「医療機器開発」についてのディスカッションをします。参加無料!多数の方のご参加をお待ちしております。
お申し込みは来年1月31日までにこちらのURLよりお手続きください。
(URL) https://goo.gl/forms/jdcklxbxwa0eGlmy1
 

2017-12-11

12月10日神戸MEDDECにてプロジェクトENGINEの定例ラボを実施いたしました。
またENGINE/HEART合同忘年会を開催いたしました。
ご参加いただいた皆様のラボでの大変熱心な表情、そして忘年会での和やかな笑顔、このような交流の場を設けることができることに感謝するとともに、さらにより良い活動を進められるよう努めてまいりたいと感じております。皆様、本当に長時間お疲れさまでした。

2017-11-10

日経ものづくり11月号の特集1「オンリーワンで勝つものづくり7つの戦術」のなかで、
戦術3にトクセン工業株式会社、戦術4に山科精器株式会社の記事が掲載されました。両社の活発な技術開発への取り組みは非常に興味深いものであります。また、弊学と共同開発した製品も紹介されておりますので、是非ご覧ください。

2017-11-01

10月31日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の補助事業「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の「中級セミナー」を開催いたしました。全国11の拠点で革新的な医療機器開発を担う「開発人材」の育成を目的としたプロジェクトで、弊学は弊科中島が進捗管理責任者を務めております。今年もさまざまな企業から多くの方々にご参加いただき、そして長時間にわたりご聴講いただきまして誠にありがとうございました。また講師の先生方には、遠路はるばるお出でいただき貴重なご講演を賜りましたことを厚く御礼申し上げます。

2017-10-26

弊科と株式会社山洋より共同開発した世界初の直径3mmの極細径綿棒「Dr.HUBY micro 3mm医療用綿棒」をご紹介します。ぜひご覧ください。
https://www.sa-n-yo.co.jp/dr_huby/

2017-10-06

「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」のイベントとなる10月31日開催『中級セミナー』のプログラムが確定いたしました。
参加ご希望の方は、以下のURLよりアクセスいただき、10/16までに申込フォームの入力をお願いいたします。
https://goo.gl/forms/i7nBoJLT0KXr808k1
 

2017-10-06

来年1月19日ロンドンで開催される「欧州内視鏡外科学会冬期集会」(EAES Winter Meeting)では、当科の中島特任教授がLeeds大学Valdastri教授とともにchairmenをつとめます。テーマはロボティクス:Will intelligent machines revolutionize endoscopy and surgery?ということで、世界中のロボット外科研究者や企業が集まって活発な討論になるかと思います。興味のある方はウェブページをご覧下さい。
https://eaes.eu/events/eaes-winter-meeting-2018/
 

2017-10-06

10月5日 毎日放送 ちちんぷいぷい「Today’s VOICE ニュースな人」のコーナーで、弊科と株式会社山洋が共同研究開発した『Dr.HUBY micro 3mm医療用綿棒』が紹介されました。

2017-10-01

弊科と株式会社山洋により共同開発した「Dr.HUBY micro 3mm医療用綿棒」の記事が毎日新聞にて紹介されました。
下記URLよりご覧くださいませ。
https://mainichi.jp/articles/20171001/ddl/k27/040/318000c
 

2017-09-19

9月15日、日本医療研究開発機構(AMED)「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の「ニーズ検討会」を開催いたしました。
ニーズ検討会では、各々のチームで活発なグループディスカッションが繰り広げられ、様々な視点からオリジナリティ溢れる発表が行われました。弊科におきまして、今後の活動に反映するべく取り組みを続けて参ります。参加者の皆様、先生方、朝から夜まで長時間にわたりお付き合いいただき、心からお礼申し上げます。

2017-09-12

9月11日、弊科と株式会社山洋により共同研究開発した「Dr.HUBY micro 3mm医療用綿棒」をプレスリリースし、同日夕方、NHK ニュースホット関西にて、早速、記者会見の様子が放送されました。
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170911/3630761.html
 

2017-09-07

大阪大学と大衛株式会社、トクセン工業株式会社により共同開発した「一人で着脱できる『セルフガウン』」の記事が日経メディカルオンラインに紹介されました。
下記URLよりご覧くださいませ。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201709/552547.html
 

2017-09-06

9月2日(土) 神戸MEDDECにてプロジェクトENGINEの定例動物ラボを実施しました。国内外から多くの先生方および企業の方々にご参加いただき、朝から様々なテーマで実験が行われました。参加者の皆様から有意義なラボであったなど、感想を多く寄せていただき、このような産学連携の活動の場を設けることができて嬉しく思います。次回は12月を予定しております。皆様、本当にお疲れ様でした。

2017-09-01

日本医療研究開発機構(AMED)「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」実習第Ⅰクール第Ⅱクールが終了しました。参加者のみなさまの熱心な実習態度やアンケートの内容に、運営側である我々も意義のある活動であることを改めて実感しました。様々な視点で医療機器の開発が進められる良い機会になったことと思います。参加者のみなさま、お疲れさまでした。また、ご協力いただきました病院関係者のみなさま、有難うございました。

2017-08-07

2017年12月7日(木)~9日(土)に京都で開催される「第30回日本内視鏡外科学会総会」のホームページが公開されました。総会会長である京都大学坂井教授のご挨拶、開催概要、プログラム案内等をご覧いただけます。この総会の「医工連携企画」は弊科の中島清一が実行委員長として準備に取り組んでおりますので、ぜひご覧下さい。企業の技術展示募集要項等も掲載しておりますので、この機会にご検討いただければ幸いです。
学会HP:http://www.c-linkage.co.jp/jses30/index.html
募集要項:http://www.c-linkage.co.jp/jses30/data/JSES_MedTech_Initiatives_guide.pdf
 

2017-07-27

2017年7月27日厚生労働省より、「医薬品・医療機器の保険適用に関する相談会」の開催について
ご連絡をいただきましたので、情報共有いたします。
 
「医薬品および医療機器の保険適用に関する相談会」は、大阪大学では10月31日(火)
に開催されます。その他、兵庫県、福岡県、富山県でも順次開催されるとの事ですので
参加ご希望の方は、期限内にお申込みのお手続きをお願いいたします。
 
詳細は、以下のURLよりアクセスの上、お手続きください。
(URL)http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000172192.html
 

2017-07-10

7月7日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の補助事業「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の「初級セミナー」を開催いたしました。全国11の拠点で医療機器開発を担う企業人材を育成するための基盤を整備しようという意欲的なプロジェクトで、弊学は弊科中島が進捗管理責任者を務めております。今年もさまざまな企業から多くの方に参加いただき、たいへん盛会でした。参加いただいた方々、講師の先生方、ありがとうございました。

2017-07-03

当科の中島清一が、日本低侵襲心臓手術学会(Japan MICS Summit 2017)にて特別講演を行います。

日時:7月15日(土)14:20~14:50
会場:JPタワー 4Fホール(東京都千代田区)
演題:次世代内視鏡手術の実現に向けた医療機器の研究開発
:消化器領域での取り組みを通して

2017-06-12

【確定版】「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の最初のイベントとなる7月7日開催『初級セミナー』のプログラムが確定いたしました。お申し込みの締切は6月26日です。
皆様のお申し込みをお待ちしております。
(申込はこちら)https://goo.gl/forms/LOSen2ONRwebFtL63

2017-05-29

大阪大学の産学連携拠点の一つであるテクノアライアンス棟の1階ホールに、あらたにプロジェクトENGINEの成果物が2点展示されました。トップと開発した「リークカッター」と、山科精器・アムコと開発した「サクションボール・コアギュレータ−」です。このホールには、「産学連携」という言葉すらなかった時代に、企業と共同でめざましい成果を挙げられた先達の偉業の数々が展示されています。

2017-05-18

弊科特任教授の中島清一がナレッジサロン木曜サロンにて
「医療現場におけるR&D(研究開発)チームビルディングを考える ~テクノロジーとリベラルアーツの融合とは・・・~」
と題して講演を行いました。
当日はチームディスカッションの時間もあり、活発な議論が行われました。
お忙しい中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

2017-05-17

弊科と大衛株式会社、トクセン工業株式会社と研究開発した一人で着脱できる「セルフガウン」につきまして、英文プレスリリースが掲載され情報が世界へ向けて発信されました。
EurekAlert! (米国系)
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-05/ou-wfs051617.phpAlphaGalileo(英国系)
http://www.alphagalileo.org/ViewItem.aspx?ItemId=175428&CultureCode=en

2017-05-01

弊科特任教授の中島清一が、ナレッジサロン木曜サロンにて講演を行います。

日時:5月18日(木)19:00~19:45 (45分)
会場:グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル7階
   ナレッジサロン プレゼンテーションラウンジ
演題:木曜サロン
   「医療現場におけるR&D(研究開発)チームビルディングを考える」
   ~テクノロジーとリベラルアーツの融合とは・・・~
 
皆様お誘い合わせのうえ、ぜひお運びくださいますようお願い申し上げます

2017-05-01

プロジェクトENGINEが開発した回旋式内視鏡用オーバーチューブ「エンドトルネード」を用いた食道癌の内視鏡的切除術が、関東経済産業局による「MEDICAL TAKUMI(匠)JAPAN」プロジェクトでビデオ化されました。下記URLより手技と製品紹介をご覧いただけます。
 
 ・手技紹介
  http://med-takumi.go.jp/surgeon/ 
 
 ・製品紹介
  http://med-takumi.go.jp/products/detail36.php 
 
これからもENGINEは企業と共に革新的な医療機器の共同開発に取り組んでまいります。

2017-05-01

近畿財務局とナレッジキャピタルがコラボし開催している「地方創生セミナー」INナレッジサロンにて、当社団代表理事中島清一が「『医療現場で必要とされる医療機器の開発」 ~ものづくり技術を活かした医療機器ビジネス~」と題して講演を行いました。
ご参加いただいた皆様に御礼申し上げます。

2017-04-20

平成28年度 国産医療機器創出促進基盤整備等事業のスケジュールが決まりました。
時間については決まり次第、お知らせいたします。
※プログラムに参加ご希望の方は下記URLよりお申し込みください。

■「臨床実習」希望の方
・『臨床実習事前調査票』のご提出が必須となります(提出期限:5/19)。
・以下のURLよりアクセスの上、ご記入・ご提出をお願いいたします。
(URL)https://goo.gl/forms/8AgMbBxBc8LErRHq2 
■臨床実習以外のプログラムをご希望の方
 以下のURLよりアクセスの上、ご記入をお願いいたします。
(URL)https://goo.gl/forms/LOSen2ONRwebFtL63

2017-04-11

弊科の中島特任教授が分担執筆した最新の教科書「Advanced Colonoscopy and Endoluminal Surgery」がSpringer社より発刊されました。
  
 
https://books.google.co.jp/books?id=pt6TDgAAQBAJ&printsec=frontcover&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false

2017-04-03

テレビ東京ワールドビジネスサテライトの人気コーナー「トレたま」で、ENGINEが2社と協同で製品化に成功した「セルフガウン」が取り上げられました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/smp/trend_tamago/post_129484/